屋形船 東京周遊コース

ご予約・お問い合わせ 03-3431-5518

屋形船 東京周遊コース

昼間も夜景も見所満載の東京湾 屋形船 東京周遊コース

東京港お台場コース 隅田川東京スカイツリーコース(お花見シーズンなど)
屋形船 東京周遊コース概略のご説明です。出港・帰港は全て当店となります。

リーフレットダウンロード

屋形船 東京周遊コース
 リーフレット/表
 PDFファイルダウンロード:
約2.1MB
屋形船 東京周遊コース
 リーフレット/裏
 PDFファイルダウンロード:
約4.5MB

>> Adobe Readerダウンロードはこちら

このページのトップへ


東京湾の見所

東京スカイツリー
ここで申し上げるまでもない全高634mの自立式鉄塔としては世界第一位の建造物。
又、各種資料にあることをここに書き綴ってもなぁと思いながら・・・余談を少々。
手前味噌ではございますが、当店屋形船に乗りながら東京スカイツリーに東京タワーがご覧いただけます。(もちろんレインボーブリッジもお台場も・・・)

2012年5月22日open予定でございます。日本の未来を背負った建物に私自身も行って観て触れてきたいと思っています。そしてきっと将来「東京スカイツリー」にまつわる人間の機微を題材とした映画が上映されることでしょう。「東京タワー」もそうであったように。

東京スカイツリー http://www.tokyo-skytree.jp/
屋形船 東京周遊コース 東京スカイツリー

東京中央卸売市場(築地市場)
魚河岸(うおがし)で知られる東京都中央卸売市場。東京中央卸売市場はその名の通り卸売りのみなので、場内は馴染みがうすいと思います。そこで一般客が買い物するなら、場外市場。高品質で新鮮な食材を、いくらでも買うことが出来ます。但しここは、どの店も開店が早朝からなので、午後になると多くの店が店じまいを始めます。買い物をするなら午前中が良いでしょう。
とは言っても、一般のお客様よりプロ相手のお店がほとんど。行くときは動きやすくて多少汚れても良い服装でね! 美味しいお寿司屋さん・ラ−メン屋さん・カレ−屋さんがありますよ。でも数年後には豊洲へ移転してしまいます。「築地」に行くなら今のうち!
屋形船 東京周遊コース 東京中央卸売市場(築地市場)
築地市場の新鮮なまぐろ

勝どき橋(勝鬨橋)
名前の由来…明治38年、日露戦争の旅順陥落を祝って有志が「かちどきの渡し」という渡し船の施設を作ったのが由来です。つまり勝負に勝ったときにあげるあの「かちどき」です。橋自体は昭和8年着工、昭和15年に完成しました。そしてこの橋には「大きな仕掛」があります。今でこそ見られなくなりましたが、全長約250mのうち、両側22mが跳ね上がり、下を流れている隅田川を大型船も通行できていたのです。つまり重要な水路の確保のため昭和43年までは、1日5回20分ずつ開いていたようです。しかしその後交通渋滞問題などで2度と開くことはなくなりました。
こんな旧き良き時代を感じながら皆さんもご覧になってみてください。
屋形船 東京周遊コース 勝どき橋(勝鬨橋)
オレンヂ色に染まる勝どき橋

お台場
今でこそ新しい(?)観光スポットのお台場ですが、その歴史は江戸時代のペリ−来航までさかのぼります。「台場」というのは国防のために築造された陣地のこと。大砲などを設置している砲台のある場所のことを言います。
江戸湾防備のため観音崎・富津・品川に台場を置くことが決まり築造されましたが、第四台場と第七台場は未完成に終わりました。第二次世界大戦後、台場は国有財産となりましたが、最大級の第二台場は航路の障害になることから撤去。第一と第五は品川埠頭の造成の一部となりました。崩れ台場の第四は今の天王洲。第七台場は有明埠頭の運河幅拡大のため撤去されました。現存しているのは第三台場と絶対保存で誰も訪れることのできない第六台場。
第三台場には火薬庫や砲台跡もあります。今度お台場に行ったときには是非こちらも見てくださいね。一般に「お台場」と言っているところは、実は「第三台場の延長の埋立地」なんですよ。
屋形船 東京周遊コース お台場
お台場

屋形船 東京周遊コース レインボーブリッヂ
レインボーブリッヂ夜景



このページのトップへ






本サイトは、屋形船・船宿はしやのオフィシャルサイトです。
サイト上の写真・文章等の無断転用はお断りしております。
船宿はしやサイトはリンクフリーです。